平成22年11月15日(月)丹波地域

ワークショップ概要

日 時:平成22年11月15日(月) 13:00?15:30
場 所:ハートピアセンター(篠山市細工所117)
内 容:各家庭でのオープンガーデンから一歩外に出て、大きな観点から丹波独自の山、田、
     それにつながる農道(畦畔)を歩き、四季折々の草花、雑草(野草)を観察、その後、
     観察の結果を生かして、植栽計画、花壇作りを行う。
講 師:兵庫県立農林水産技術総合センター 農産園芸部 主任研究員 須藤 健一 氏
受講者:花緑いっぱい運動推進員、ひょうごガーデンマイスター、
     丹波地域で花緑活動をされている方々等 32名
主 催:財団法人兵庫県園芸・公園協会、兵庫県丹波県民局

最初の講師の須藤さんの講演では、畦畔とは何かから始まり、スライドを見ながら、畦畔に咲く野草についてのお話がありました。食べれる野草とそのおススメ調理方法の紹介や生物多様性とのかかわりなどの説明もありました。その後、近くの畦畔を歩き、咲いている野草を観察しました。最後に、野草観察の結果を生かして、ハートピアセンター正面の花壇にオキザリスやタマスダレ(ゼフィランサス)を植栽しました。


ワークショップアルバム


▲須藤さんの野草についての講演


▲畦畔の野草を観察


▲パートピアセンター正面の花壇予定箇所


▲まオギザリスを植栽


▲タマスダレも植栽しました


▲花壇の完成です

⇒花緑いっぱい運動ワークショップレポートバックナンバーINDEXへ戻る