視察研修旅行で「梅小路公園&京都・洛西まつおえんげい」に行ってきました。

開催日:2017年10月25日(水)
視察先:梅小路公園(京都市下京区観喜寺町56-3)
    京都・洛西まつおえんげい(京都市西京区大枝西長町3-70)
参加者:69名

内 容:当初訪問予定だった京都府立植物園が、台風21号による甚大な被害を受けたため、臨時休園となってしまいました。楽しみにされていた参加者の皆様はがっかりされたここと思います。
急遽代替地として梅小路公園にご案内しました。京都駅から徒歩15分という都心にありながら、池泉回遊式庭園「朱雀の庭」ビオトープ「いのちの森」など、癒しの自然空間が広がっていました。
「朱雀の庭」には、中央の浅池の周囲に築山や滝、野筋※やアカマツ林などが配置され、歩むにつれて移り変わっていく景色を楽しむことができました。
※平安時代から続く作庭の技法で、滝の上部から始まる小さな流れが、野芝で作られた穏やかな起伏の中から池へと流れ出している。

圧縮 水鏡.jpg
<水鏡とアカマツ林>

圧縮説明を受ける参加者.jpg
<説明を受ける参加者の皆さん>

圧縮 滝.jpg
<滝>

圧縮野筋.jpg
<野筋>


「いのちの森」は、起伏に富む地形や多様な水辺環境を再現して、生き物の生育空間が作られていていました。樹冠回廊※を渡りながら森を楽しみ、都会の中の静寂を味わうことができました。
 ※生きものの生育環境を守るため、地上から3mの高さに設置されていて、樹木の枝葉が茂る高さで森を観察できる。

圧縮いのちの森1.jpg

圧縮いのちの森2jpg.jpg  

圧縮樹冠回廊.jpg  

圧縮 いのちの森3MG_9081.jpg

昼食は嵐山へ。
京都嵯峨料理「良彌 嵐山本店」で京料理とお買い物、そして観光を楽しみました。渡月橋が架かる大堰川は、大雨のため大変な濁流でしたが、大勢の観光客でにぎわっていました。

食事の後は、「京都・洛西まつおえんげい」へ。
日本に導入するバラ品種の選抜のために毎年渡欧され、現在のバラ事情に精通されている園主松尾正晃氏に店内を案内していただき、お買い物を楽しみました。

圧縮まつお園芸1.jpg

圧縮まつおえんげい2.jpg

圧縮まつおえんげい1.jpg

帰途のバスの中では、恒例のビンゴゲームを楽しみ、予定時刻に戻ることができました。
台風に翻弄された今回の研修旅行でしたが、秋晴れの中、京都旅行を楽しむことができました。