キイロテントウ (コウチュウ目テントウムシ科) Illeis koebelei

黄色い小さなテントウムシがいました。テントウムシの仲間はほとんどが成虫越冬しますので、冬に見つけても不思議ではないのですが、この個体はハギの枝の上を歩いていました。今日は少し暖かいため出てきたのでしょうか。写真を撮ろうとしたら地面に落ちてしましました。日本全国に分布し体長は4?5mm程度です。テントウムシの仲間はアブラムシやカイガラムシを食べるもの(肉食)、野菜類の葉を食べて嫌われるもの(草食)に二分されますが、これ以外にウドンコ病菌を食べる(菌類食)変わったテントウムシとしても知られています。


稲荷曲輪
平成24年1月10日撮影 157

MTBlog50c2BetaInner

2022年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about