コムラサキ (タテハチョウ科) Apatura metis


樹木酒場には昼間でも多くの昆虫たちが集まってきます。コムラサキの♂がやってきましたが、多数のシラホシハナムグリが占領しています。しかし、チョウには便利なストロー状の口器があり、離れたところからで樹液が吸えるのです。ワイルドだぜ! 写真ではハッキリとは見られませんでしたが、コムラサキの♂は表面が紫色に輝く美しい翅を持っています。また、黄色い口器もユニークです。酒場にはカナブン、シロテンハナムグリ、ヤセバエなどもやってきますが、厄介者はオオスズメバチです。


園 内
平成24年6月28日撮影 173

MTBlog50c2BetaInner

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about